◆高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/8/1.2)

【土曜札幌11R STV賞】
★ハナズレジェンド(牡 2013 父ハーツクライ 母父Moon Rocket)
◎成績:[5.8.7.26]
◎牝系:FNo.16-c(地力系)~母ムーンライトゼファー
◎コメント:指数はボチボチ。7Rより時計(上がり)を要したのは、14時以降直線向かい風になった分もある。

【土曜新潟11R 新潟日報賞】
★アフランシール(牝 2016 父ハーツクライ 母父サクラバクシンオー)
◎成績:[4.1.1.8]
◎牝系:FNo.4-m(バランス系)~母ルシュクル(ファルコンS3着)、兄弟ブランボヌール(函館2歳S)、ビアンフェ(函館2歳S)、近親Unbridled's Song(BCジュウ゛ェナイル)、Lucky Spell(プリンセスS)、Merlins Charm(ジャージーS)、ダコール(新潟大賞典)、サイタスリーレッド(オーバルスプリント)
◎コメント:指数はボチボチ。軽ハンデ&内枠を利して鮮やかに一変。

【日曜札幌11R クイーン賞(G3)】
★レッドアネモス(牝 2016 父ウ゛ィクトワールピサ 母父サクラバクシンオー)
◎成績:[4.0.0.9]~クイーン賞(G3)
◎牝系:FNo.4-r(バランス系)~母マチカネハヤテ、近親コイウタ(ウ゛ィクトリアM)、ビハインドザマスク(セントウルS)、ウ゛ァインゴールド(ガーデニアS)、Phantom Jet(タンパベイダービー)、サンライズソア(平安S)、アグネスアーク(秋天2着)、ベールドインパクト(京都新聞杯2着)、オメガウ゛ェンデッタ(阪急杯2着)、ユラノト(根岸S2着)、マスクトヒーロー(マーチS3着)、ミッキーラブソング(京都金杯3着)、タイセイサミット(毎日杯3着)、ゴールドディスク(アイビーS)、スウィングベル(珊瑚冠賞)、ドリームカトラス(くろゆり賞)
◎コメント:指数はイマイチ。福島戦はスムーズさを欠いたし、ベストの条件でまともなら。

【日曜新潟11R 関越S】
★ザダル(牡 2016 父トーセンラー 母父Lemon Drop Kid)
◎成績:[4.0.2.2]
◎牝系:FNo.19(バランス系)~母シーザシー、近親Include(ピムリコスペシャルH)、Illeria(ブラウン&ウィリアムソンH)、Magic Broad(セリマS)、ミラクルタイム(毎日杯)、フミノムーン(京阪杯3着)
◎コメント:指数は平凡。とはいえ、レースの上がり3fを3秒3上回った勝ち馬の指数は上々。


【注目レース勝ち馬の牝系解説とは】
先週行われたレースの中から、注目度の高いレースをピックアップし、牝系を解説します。
牝系とは母方の血統のことで、19世紀にブルース・ロウが考案したファミリーナンバーを元に、高柳氏が「地力系」「バランス系」「極軽系」に三分類。勝ち馬がどの系統に分類されるかでレース傾向を探ります。
さらに勝ち馬の近親馬を列記することで、その牝系の特色をつかむことができます。
また「高柳式スピード指数」によるレースレベルの評価も記載してしていますので、ぜひ参考にしてください。