高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(10/1.2)

【土曜中山9R 芙蓉S】
★シーウィザード(牡 2020 父ビーチパトロール 母父メジロベイリー)
◎成績:[2.0.1.0]
◎牝系:FNo.11-d(バランス系)~母メリーウェザー、兄弟シゲルタイタン(天保山S2着)、グランアリエル、近親Shoot a Line(愛オークス)、サンダーガルチ(ケンタッキーダービー、ベルモントS)、Real Appeal(ブーメランM)、バトルライン(プロキオンS)、Mistle Song(パークヒルS)、フラガラッハ(中京記念連覇)、アスカロン(白百合S)、シャドウストライプ(バイオレットS)、エスティタート(シルクロードS2着)、イリュミナンス(クイーンC3着)、フェルメッツァ(アーリントンC3着)、トスターバロン(プリンセス特別)
◎コメント:指数は平凡。ドスローでも行かず、速い脚に欠ける弱味を出しつつも、相手に恵まれて辛勝。

【土曜中京11R シリウスS(G3)】
★ジュンライトボルト(牡 2017 父キングカメハメハ 母父スペシャルウィーク)
◎成績:[6.5.2.11]~シリウスS(G3)
◎牝系:FNo.8-f(極軽系)~母スペシャルグルーヴ、兄弟グルーヴィット(中京記念)、近親ダイナカール(オークス)、エアグルーヴ(オークス、秋天)、ドゥラメンテ(皐月賞、ダービー)、オレハマッテルゼ(高松宮記念)、アドマイヤグルーヴ(女王杯連覇)、エガオヲミセテ(マイラーズC)、フォゲッタブル(ステイヤーズS)、ルーラーシップ(日経新春杯)、アイムユアーズ(フィリーズR)、アンドヴァラナウト(ローズS)、ウォータクティクス(アンタレスS)、グルヴェイグ(マーメイドS)、フラアンジェリコ(京成杯AH)、ブレスジャーニー(東スポ杯2歳S)、アドマイヤルプス(アハルテケS)
◎コメント:指数はイマイチ。力馬場不向きも、センスの良さをフル活用して押し切る。

【日曜中京11R ポートアイランドS】
★アルサトワ(牡 2017 父ルーラーシップ 母父ダイワメジャー)
◎成績:[6.0.0.11]
◎牝系:FNo.1-l(地力系)~母ポップアイコン、兄弟バールドバイ、近親レディパステル(オークス)、テーオーケインズ(帝王賞、チャンピオンズC)、タマノブリュネット(レディスプレリュード)、マテンロウオリオン(シンザン記念)、ロードアクレイム(神戸新聞杯2着)、ロードロックスター(京都新聞杯3着)、スピリタス(関屋記念3着)、マテンロウハピネス(アーリントンC3着)
◎コメント:指数は平凡。内有利なコース状態利して、マイペースの逃げ切り。

【日曜中山11R スプリンターズS(G1)】
★ジャンダルム(牡 2015 父Kitten's Joy 母父サンデーサイレンス)
◎成績:[7.1.3.18]~スプリンターズS(G1)、デイリー杯2歳S(G3)、オーシャンS(G3)
◎牝系:FNo.22-d(地力系)~母ビリーヴ(スプリンターズS、高松宮記念)、兄弟ファリダット(阪神C2着)、フィドゥーシア(アイビスSD2着)、近親ビリーヴ(スプリンターズS高松宮記念)、ボンジュールヒカリ(新潟JS3着)、ダブルスパーク(ハーベストC)
◎コメント:指数は平凡。コース適性と、デキの良さと、内有利なコース状態をフル活用。


【注目レース勝ち馬の牝系解説とは】
先週行われたレースの中から、注目度の高いレースをピックアップし、牝系を解説します。
牝系とは母方の血統のことで、19世紀にブルース・ロウが考案したファミリーナンバーを元に、高柳氏が「地力系」「バランス系」「極軽系」に三分類。勝ち馬がどの系統に分類されるかでレース傾向を探ります。
さらに勝ち馬の近親馬を列記することで、その牝系の特色をつかむことができます。
また「高柳式スピード指数」によるレースレベルの評価も記載してしていますので、ぜひ参考にしてください。