◆高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(20/3/28-31)

【土曜阪神11R 毎日杯(G3)】
★サトノインプレッサ(牡 2017 父ディープインパクト 母父Sahm)
◎成績:[3.0.0.0]~毎日杯(G3)
◎牝系:FNo.11-a(バランス系)~母サプレザ(サンチャリオットS3連覇)、近親Bill E. Shears(サルウ゛ェイターマイルH)、ファイブポインター(阪神スプリングJ)、Style Presa(セルジオクマニ賞)
◎コメント:指数は平凡。追い出しを待たされ、上がり最速の自身だけは強い競馬。

【土曜中山11R 日経賞(G2)】
★ミッキースワロー(牡 2014 父トーセンホマレボシ 母父ジャングルポケット)
◎成績:[5.3.2.9]~セントライト記念(G2)、日経賞(G2)、七夕賞(G3)
◎牝系:FNo.10-e(極軽系)~母マドレボニータ、近親ペールギュント(デイリー杯2歳S)、デビルズブライド(カムリーS)、ツィンクルブライド(桜花賞2着)、フェリシタル(京成杯3着)
◎コメント:指数はボチボチ。雨の影響もなく、持ち味の斬れをフル活用。

【日曜中京11R 高松宮記念(G1)】
★モズスーパーフレア(牝 2015 父Speightstown 母父Belong to Me)
◎成績:[7.2.1.10]~高松宮記念(G1)、オーシャンS(G3)
◎牝系:FNo.14-b(バランス系)~母Christies Treasure、近親Jersey Girl(エイコーンS)、Purge(シガーマイルH)、Jersey Town(シガーマイルH)、Qafila(サウスオーストラリアンダービー)、Valid Wager(ハッチソンS、Sacristy(オールドハットS)
◎コメント:指数はまずまず。許容範囲のコース状態&望外のマイペース逃げで粘り込んだ。

【火曜中山11R マーチS(G3)】
★スワーウ゛アラミス(牡 2015 父ハーツクライ 母父Sligo Bay)
◎成績:[6.4.3.5]~マーチS(G3)
◎牝系:FNo.42(バランス系)~母ベイトゥベイ(ナッソーS)、兄弟デッドアヘッド、キッズアガチャー、近親Whimsy(アイオワオークス)
◎コメント:指数は上々。ゲートの出し方はイマイチも、好位外目で揉まれず順当に。


【注目レース勝ち馬の牝系解説とは】
先週行われたレースの中から、注目度の高いレースをピックアップし、牝系を解説します。
牝系とは母方の血統のことで、19世紀にブルース・ロウが考案したファミリーナンバーを元に、高柳氏が「地力系」「バランス系」「極軽系」に三分類。勝ち馬がどの系統に分類されるかでレース傾向を探ります。
さらに勝ち馬の近親馬を列記することで、その牝系の特色をつかむことができます。
また「高柳式スピード指数」によるレースレベルの評価も記載してしていますので、ぜひ参考にしてください。